「ゴミ屋敷にしないための心がけ(断捨離・清掃のすすめ)」

前回「ゴミ屋敷にしてしまう人の特徴」を記述したので、今回はよくお客様に質問を受けるゴミ屋敷にしないための心がけを記述してゆきます。

「物を置くスペースを決める」
ゴミ屋敷の方は、色々なところに色々な物が置いてあります。
そうならない為に、食品、洗剤、生活雑貨、電池、鍵、リモコンなど、全ての物の置くスペースを決め、それよりはみ出るなら物を買ってはいけません。
増えるばかりなのでご注意ください。
物は最小限でも生活は出来ます。
むしろ気持ちが良い生活が出来る事を知りましょう。
面倒でも、モノを使い終わったら、決めたスペースに必ず戻してください。
これがゴミ屋敷にしない第一歩です。

「いつか使うだろうで、モノを買ってはいけません」
いつか使うつもりでも、永遠に使わない物は沢山あります。
またこれは、人に物を貰う時も同様です。
その時になって買っても、全く不便はありません。
ストックは1つだけでも困りはしません。
基本的には、使いたい時に買えばよいのです。

「押入れなどの奥にしまい込んである物を見直す」
自分の子供の小さい時の玩具や、絵、服などが眠っていませんか?
その時は、子供に要るのかどうかすぐに連絡して聞いてください。
ほとんどの子供が、今の自分には必要ないので「要らない」と答えます。
もし「要る」と言ったら、すぐに子供の家に送ってください。

古い衣類が大量に眠っていませんか?
よく考えて下さい。「いつか着るかもしれない」で何年眠っていますか?
流行も変わっていますし、体のサイズも変わっています。
その時に買った思い出もあるでしょうが、未来を見ましょう。過去は胸にしまうのです。
あなたが恐れている「後悔」をする事はありませんので、捨てましょう。 新しい服を買えばよいのです。

レシートや領収書、振込済みの用紙が大量にありませんか?
個人事業主でもない限り、そんなものは取っておいても何にもなりません。
去年の物は捨てましょう。

レコードやカードゲーム、カセット、ビデオテープ、フィギュアなどが大量にありませんか?
もう使わなくなってどれだけ経ちますか?
もうまず使うことは無いと一度考えてみてください。 売れるモノは、売ってお金に換えたほうが生産的です。
再度、使うことが有れば買えばよいのです。但し、そんなことはまずないでしょう。

頂いた贈答品が未使用で箱のまま眠っていませんか?
開封せず使っていない物は、自分に必要にない物です。
未使用品なら売れるので、売ってしまいましょう。
売っても金額が知れているなら、だれかにさっさと差し上げましょう。

「衣類・寝具は、四季で入れ替えする」
ハンガーにかけっぱなしで、衣類がホコリをかぶっていませんか?
帰宅したら、脱ぎっぱなしにして、衣類の山になっていませんか?
めんどうでも「洗濯する」「たたむ」「しまう」を心がけましょう。
四季で入れ替えをしていれば、衣類や寝具の痛みも判るので、買い替え時も判りますし、不要な衣類が溜まる事はありません。

「食べたら弁当がらや、ペットボトルは、分けてごみ袋に入れる」
食べた弁当やペットボトル、缶、箸などをコンビニ袋に入れ、そのまま部屋にほかってはいけません。
最悪でも寝る前に、机やテーブルの上を片付け、食べる前の状態にしてください。
これを繰り返していれば、ゴミ屋敷や汚部屋になりません。

「本を見直す」
漫画はもちろん、週刊誌、小説なども随時見直し捨てましょう。
読んだまま置きっぱなしは、ゴミ屋敷への第一歩です。
本を置くスペースを決め、そのスペースから本がはみ出るようなら、読まない本を処分してください。

「財布をパンパンにしない。また小銭を大切にする」
ゴミ屋敷、汚部屋の方は、ゴミを片付けると床に小銭が散らばっています。
また、財布もポイントカードや、レシートなどが、入っているお札よりも多く、パンパンに詰まっています。
こうなると、小銭は入れられないので、小銭の扱いが雑になるのです。
こうならない為には、お札入れと、小銭入れを分けて持つのです。
レシートはすぐに捨ててください。
家計簿とつけているのなら、付けたらすぐにレシートを捨てましょう。(アプリで、写真を撮れば簡単に家計簿が付けられるものもあります。)
ポイントカードも、溜まっていない物や、行く頻度の少ない物は捨てましょう。
可能であれば、お札は顔を揃えて綺麗に入れると尚良いでしょう。
お金は、お金を大切にする人に回って来ます。

「靴は靴箱にしまう」
玄関に靴が出しっぱなしで多いと、幸せになれません。
もちろん、靴の臭いも充満するので、良いことはありません。
靴箱に入れられないほど靴があるのであれば、履かない靴は捨てましょう。

「トイレを綺麗にする」
なかなかトイレ掃除は面倒です。
いつ掃除をするのか?というと、一番簡単な方法は、トイレをした直ぐ後なのです。
流した後、便座の裏を見て、汚れているようならトイレットペーパーを、手洗いから出ている水に少し浸し、便座の裏を拭きましょう。
また便器の淵が汚れていれば、これも拭きましょう。
便器の中に黒ずみがあれば、これはトイレブラシで擦ってとりましょう。
この作業時間は、1分もかかりません。
毎回こうしてれば、日々の汚れにもすぐ気が付きますし、トイレが酷い汚れになってしまい、掃除をする気が失せることも防げます。
また、男性は「小」をする際に、座ってしましょう。
これで、尿が便器の淵や壁に飛び散らないので、汚れはもちろん、臭いも防げます。

「お風呂を綺麗にする」
お風呂もトイレと同様に、お風呂に入って、体を洗う際に、汚れたところを見つけ、スポンジで擦ると良いでしょう。
また体を流す際に、浴室の壁も流しておきましょう。
浴室の汚れは、脂汚れか、洗剤残りがほとんどなので、これを日々の入浴で少しずつ綺麗にしておくことで、清潔をキープできます。
基本的に一番汚れる水回り(キッチン、洗面、トイレ、浴室)は、清潔を保つことで、健康を保つことが出来ますので、毎日少しずつ掃除をする事が重要です。
あと、一番重要なポイントですが、浴室の換気扇は回しっぱなしにし、浴槽のお湯を抜いたら、浴室のドアを開けっぱなしにしておいてください。
電気代が勿体ないと思う方もいらっしゃると思いますが、お風呂のカビは想像以上に繁殖するのです。
換気扇を回し、浴室のドアを開けておくことで、浴室自体に出来るだけ湿気を残さないようにすることが、非常に重要なのです。

「洗い物は、直ぐに洗う」
よく「洗い物が嫌い」という女性が居ますが、こういう方は洗い物を貯めがちです。
これは心理的に「食べる」と「洗う」を別の行動と見なしているので、食欲が満たされた後の「洗う」と言う行為がおっくうになるのです。
よって「食べると洗う」を、1セットに考えれば良いのです。
「食べると洗う」を1セットに考えるようになれば、夜食事がすんだ後に、「食べると洗わないといけない」ので、不必要な物を食べなくなりダイエットにもなりますよ。

以上ですが、上記の心がけは、最初から出来る人など居ません。
めんどうでも繰り返すことで、それがやがて「普通」になります。
自分で「頑張っているのが疲れる」なんて思わず、癖にするのです。
色々記述しましたが、本当のゴミ屋敷しない為のポイントは、上記を「癖」にする事です。
演じていれば、それがやがて自分になります。
頑張ってください。
「こころテラス」は、ゴミ屋敷・汚部屋の方の味方です。

まずはお気軽にご相談ください(無料)